家相 2017-11-24T16:09:42+00:00

家相をもとに建築した1,500棟の実績

宮原建設は代々家相を見て建築を行ってきました。
先代の社長から受け継がれ、現在の社長も長年修行し、「まず、家を建てるなら宮原建設に相談しよう」と言われるほど、
多くの地元企業様、お寺の住職からも厚い信頼を得ております。

家相を見ることは”その家族の人生を見ることと同じ”と社長は言います。
この先10年、50年、100年と受け継がれる家だからこそ家相について考えてみませんか。

家を建ててから、家相を見て欲しいと相談に来られる方も多くいらっしゃいます。
しかし建ててからでは、悪い結果の場合せっかく建てた家なのに不安を感じて過ごすことになります。
リフォームするにも費用や時間もかかります。

それはお客様にとっても、弊社にとってもとても残念なことです。
ですので、ぜひ家を建てる前に一度ご相談に来て欲しいのです。

1年・3年・5年と住んでみて、我家の良さが分かるものです。
宮原建設がお客様と何十年にもわたって繋がってくることができた理由はそこにあります。

家相学と九星気学から導き出した最強の家づくり

家相学

家相学の中で最も大事となるのは「磁北」です。
磁北とは専門の磁石で北を見極めることを言います。
地域によって違いますが、磁北は平均で六度西方向に傾いているのです。
これが解かることで初めて家相が完成し、人生を変える家づくりが可能となります。

九星気学

生年月日の九星と干支、五行[木・火・土・金・水]を組み合わせた占術です。
方位の吉凶を知るために使われることが多く、
生年月日によって定まる九星と干支と、方位の吉凶を知りたい日の九星と干支を元に占います。
九星とは、ある決まった法則で各方位を巡回することになっており生年月日によって定まる九星と干支との関係で各方位の吉凶を占うことができます。

家相学

家相学の中で最も大事となるのは「磁北」です。
磁北とは専門の磁石で北を見極めることを言います。
地域によって違いますが、磁北は平均で六度西方向に傾いているのです。
これが解かることで初めて家相が完成し、人生を変える家づくりが可能となります。

九星気学

生年月日の九星と干支、五行[木・火・土・金・水]を組み合わせた占術です。
方位の吉凶を知るために使われることが多く、
生年月日によって定まる九星と干支と、方位の吉凶を知りたい日の九星と干支を元に占います。
九星とは、ある決まった法則で各方位を巡回することになっており生年月日によって定まる九星と干支との関係で各方位の吉凶を占うことができます。

どうですか、
家相の大切さを知っていただけましたか?

ぜひ、家を建てるときは家相について考えてみてください。

毎週1組限定!住まいの相談会を行っております。
お気軽にご相談ください。

住まいの相談室へ
Left Menu Icon